copyright©SLEEPINGTOKYO co.,ltd All Rights Reserved.

  • ブラックInstagramのアイコン

 MOUSSY HAND KNIT COLLECTIONでは、一枚一枚職人の手で編まれていく。

大量生産が問題視されている中、本当のものつくりとは何か、作り手の思いとは何かを伝えるキャンペーンとして、現地取材、編集、クリエイションのアートディレクターとして、中国、張家口へと行ってまいりました。

 ただ、身体を温めるための服では無く、ひとつひとつの温もりが、心にまで届く。

​ 機械化が進む世の中での一つの『愛』とものの『価値』を伝えるキャンペーンです。

https://youtu.be/_Bda8xSGqXM

MOUSSY

​震災の時、被災地で必要だったのは、どんなに愛情を込めても、食中毒の危険性のあるおむすびでは無く。安心安全なカップ麺でした。

 一人暮らしの父。実家のキッチンの戸棚を開けるとそこにはインスタント食品がストックされていました。レシピサイトの会社様で登壇させていただいた時、主婦の皆様の声は、時短メニューの必要性と罪悪感でした。 インスタントの食事が悪いと思ったことは、ありません。むしろ、保存食として、もしもの時には、本当に素晴らしいものです。東京では、3日間交通網がストップすると、食料が無くなるとさえ言われています。

 ただ、日常の食事としての違和感、本当に安心安全な食事として、コスモス食品さんと共感し、共にコスモス食品のオリジナルブランド『NATURE FUTURe』のリブランディングや、アイコン商品『食べるORGANICシリーズ』のプロダクトデザインに関わらせていただいております。

​これからも、コスモス食品様とは、長く、共に未来の循環をテーマにしたビジネスと食環境を目指してまいります。

http://www.naturefuture.com

COSMOS FOODS COMPANY

大田由香梨がプロデュースしオーナーでもあるVEGAN CAFEです。

2011年の震災をきっかけに出店。食の大切さを伝える、体感するメディアとして、常に、最新の食の情報がこの場所に集まるようにしています。

『VEGAN JUNK FOOD』というテーマのもと、VEGANでありながら、ストロングなインパクトのある。意味合いとして全てをひっくり返してしまうようなイメージのもと、生産者との繋がり、そして、自家製にこだわり、世界中の誰もが手を取り合いながら、同じ食事を食べて、テーブルを囲む、未来の平和な食卓を目指し、日々精進しております。

ライフスタイリストとしてのスタートの地でもあります。​ぜひ、お近くにいらしたときは、お立ち寄りください。

https://www.lapaz-tokyo.com

ORGANIC TABLE BY LAPAZ

TOYOSIMA CREATION LABOでは、昨今のファッション業界の大きな問題に、いち早く着目し、新しいサービスを提供する場として、現在500ブランドの生産背景となり、日本のファッションを底座さえしている、170年の歴史を持つ、繊維商社の豊島様と共に、空間プランニングから、デザイン、タブロイド製作までを担当させていただきました。

 情報が溢れ、物が溢れている昨今。

世界では、年間40億着の洋服が生産され、30億着の服が廃棄されているとも言われています。そんな中、もっと、精度の高いもの作り、ゴミにならない洋服作り、世代をつなぐ物作りの楽しさを伝える場が必要だということで、志高く、クリエイターが楽しく学び製作することのできる空間作りを、このたび目指しました。

日本のファッションの未来を、楽しく、素晴らしいものにするための一歩となればという願いを込めてのプロジェクトです。

https://www.toyoshima.co.jp

​TOYOSHIMA

自身のライフワークの一環として、ジャパンクラフトマンシップを多くの人へ。岡山の古から伝わる帆布生地を購入し、デザインを元に、岡山の土地で友人の皮職人に縫製をしてもらい、お客様へと直接届ける。

バッグを作る。という工程を極限までシンプルに。デザインだけでなく、人の関わり方。ものの作り方。流通までもミニマルにデザインされたバッグです。

https://yukari-ota.amebaownd.com

LIFESTYLIST

サステナブルモードファションというテーマのもと、2018年に誕生したブランド。食では当たり前になってきましたが、日本のファッションシーンでは、まだあまり関心度が高いとは言えません。

 そんな中、大田の活動に共感し、ともに空間作り、Visual製作を通じて、ファッションの軸からもサステナブルな世界への一歩を発進させていただいています。

​フラッグシップショップの青山表参道店の内装デザインを担当し、呼吸する空間というテーマのもと、壁面や什器に自然に還る天然の素材を使用し、強度を高める部分には、自然界で唯一の直線を作り出す黄鉄鉱(パイライト)を連想するゴールドを配置。都会にいながらも、呼吸をする空間として、癒しの空間を演出しました。

https://casafline.com

CASA FLINE OMOTESANDO